商品紹介

bean to bar HAREHIYORI マダガスカル

新鮮でフルーティー。優しい酸味がベリーやシトラスの爽やかさを漂わせます。フルーティーな中に潜むわずかな渋さの余韻があります。

918円 (税込)



bean to bar とは

コーヒー階の新潮流「サードウェーブ」というムーブメントがあったように、チョコレート界にも同じムーブメントが起きています。それが「Bean to bar(ビーントゥーバー)。」

産地ごとのカカオ豆の特性を生かし、カカオ豆のセレクトから製造までを自社工房で行っているチョコレート専門店のことです。これにより、カカオ本来の魅力を存分に引き立たせることができるということで、アメリカをはじめヨーロッパ各地でお店が広まり、最近では日本でも専門ができるようになりました。

ビーントゥーバーHAREHIYORIとは

カカオ豆からチョコレートになるまでの全行程を一貫して手作業で行うクラフトチョコレートです。世界中からこだわりの豆を集め、工程ごとに時間をかけて丁寧に作り上げています。包装には恐竜模様の越前和紙を使用しています。


bean to bar HAREHIYORI一覧

  • bean to bar HAREHIYORI ベトナム

    はちみつやジャムの風味を持ちあわせ、個性の強いエスニックな香りが漂います。酸味の強いチョコレートが好みな方におすすめです。
  • bean to bar HAREHIYORI キューバ

    強い酸味とベリー系の香りの中にアーモンドのようなナッツ感を感じるチョコレートです。大粒のカカオ豆で香りが強いのも特徴です。
  • bean to bar HAREHIYORI ガーナ

    酸味と苦味がバランス良く、日本人には一番親しみやすいチョコレートです。程よい酸味も心地よい。
ページトップへ